UNIVA SOCIAL(ユニヴァ ソーシャル)


2018年に設立された「UNIVA SOCIAL」

親企業の「UNIVA CAPITAL」は、2008年
大手ネットワークビジネス企業
ナチュラリープラスを買収していました(◎o◎)!!



UNIVA SOCIAL の商材

ユニヴァ共済

ユニヴァ共済,thumbnail

UNIVAモバイル

UNIVAモバイル,thumbnail

ユニマルシェ

ユニマルシェ,thumbnail

Re Shine(リ シャイン)

リシャイン

UNIVAでんき

UNIVAでんき



親企業の UNIVA CAPITAL とは?

UNIVA CAPITAL は、2006年に米国にて設立され、
現在、14ヶ国/地域において15事業62社、
正社員数およそ700名で形成されています。

年商は680億の大企業です。


なんと、

2008年には、大手ネットワークビジネス企業の
ナチュラリープラスをグループの一員として迎え入れていますΣ(゚Д゚)

※ UNIVA CAPITAL は、ネットワークビジネス企業ではありません。



UNIVA の強み①

UNIVA SOCIAL は、これまでネットワークビジネスの参入が
難しかった分野にまで進出しています。

なぜ、このようなことが可能なのでしょうか?

それは、 UNIVA CAPITAL がネットワークビジネス企業ではないからです!

ネットワークビジネスは、それ自体が評判が良くありません。
悲しいですが、今のネットワークビジネスには偏見があります…。

ですから、ネットワークビジネスの企業というだけで、契約が取りにくいのです。



UNIVA SOCIAL は、
UNIVA CAPITAL が元々ネットワークビジネス企業ではなかったからこそ、
これまでネットワークビジネス企業が参入出来なかった分野に
足を踏み入れることが出来るようですね(^^)



UNIVA の強み②

UNIVAは、『会員が続けやすいネットワークビジネス』を目指しています。

1人、2人、3人、、、と会員を増やしていき、
100人の組織をつくれたとしても、1年後に残っている会員は、10人~20人くらい
というのがこれまでのネットワークビジネスでした。
安定した100人の会員をつくるのには、
1000人以上の紹介者を出さなければならなかったのです。

UNIVAはそれを変えました。

ころころ保険を変える方はいませんし、
モバイル、食品、電気は、ほとんどの方が必要としているものです。

圧倒的な継続率が、UNIVAの強みとなっています。

『今使っているものをUNIVAにチェンジするだけで、
ビジネスの機会を手に入れることができる』
UNIVAは、すべての方に人生を変えるチャンスを与えています。


現段階では、UNIVAでボーナスを受け取るためには
毎月Re Shine(リ シャイン)の購入が必要です。

あるいは、ビジネスをしない愛用者を増やす必要があります。