いくら貯金できたら投資する?

「投資はお金持ちがするもの」とは言っていられない時代となりました。

しかし、毎月家計が赤字であるにも関わらず、今あるお金をすべて投資につぎ込むのは危険です。
何かあったときのために、すぐに動かせるお金、つまり『貯金』は確保しておくべきです。



金額の目安としては・・・、
これまで10,000人以上の赤字家計を再生してきた家計再生コンサルタントの横山光昭さんは、

  • 冠婚葬祭や何かのイベントなどちょっとした予定外の出費に対応できるようにするためのお金(月収1・5カ月分)
  • 病気やケガ、災害や突然の退職などにより万が一収入が途絶えても、当面生活できるようにするためのお金(月収6カ月分)

合計7・5カ月分の月収は貯金しておくことをおすすめしています。

貯金なしで投資を始めることは、それだけリスクも高まるということです。

では、貯金が貯まるまで投資は始められないのかというと、そうではありません。
今は少額から始められる投資もたくさんあります。

家計を見直し節約することで、貯金を増やしながらコツコツ積み立て投資をしていくことも出来ます。


絶対に見逃せないビッグチャンスが到来!

[check] ひとりも紹介しなくてOK!

[check] 少額から始められ、支払いは初回登録時のみ

[check] 継続的な収入源

[check] 商品・サポート料など、毎月かかる費用一切なし!

[check] 米国OTC市場において既に上場しています



数万円から始められ、
ひとりも紹介しなくとも収益を得られる案件