フォーデイズが西日本豪雨災害被災地支援の義援金として1億4千万円を寄付しました!

フォーデイズ



2018年8月7日、フォーデイズは、
被災された方々の救援や被災地の復興に役立てていただくために、

西日本豪雨災害被災地支援の義援金として

1億4092万6932円を寄付しました。



これは、フォーデイズ会員有志や代表取締役、フォーデイズ社員から集まった4,092万6,932円とフォーデイズ株式会社からの1億円を合わせたものだそうです。



和田佳子社長は、

7日に産経新聞社の飯塚浩彦社長に目録を手渡す際、

「私も広島出身。全国の会員有志と社員からも
4,092万余円が集まりました。被災地に届けてください。」

と述べられました。



またフォーデイズは、被災地域の会員1,684名には
お見舞金(総額2,497万円)を送ったそうです。



フォーデイズは、2017年11月25日から2018年5月23日までの6か月間の
一部業務停止命令期間を経過したばかりでした。

新規勧誘を禁止されていたため、2018年3月期決算の売上高は前期比1.1%減、
また、会員数も減ってしまっていたようです。

にも関わらず、「被災者のために義援金を届けたい」という
和田佳子社長やフォーデイズ会員の
人としての在り方に感銘を受けます。



もしかしたらあなたも、
コンビニやスーパーのレジ脇に置かれた募金箱を通して
募金をしたかもしれません。

または、ボランティアとして現地に応援に行ったかもしれません。

フォーデイズが寄付した1億4092万6932円に比べたら、
自分のやったことは小さなことかもしれません。

でも私は、月収30万円で1円も寄付しない人は、
月収1,000万円になっても、たった1,000円でも寄付することはないと思っています。

お金は、生活や付き合う人を変えることはあっても、
その人自身を変えることはないと思うのです。

ネットワークビジネスは、人としての在り方が問われます。

それは、私のようにインターネットでネットワークビジネスを
展開している人にとっても同じです。



当サイトでは、様々なMLM企業情報を掲載しています。


女はもっと、欲張りでいい!




今のネットワークビジネスは、20代・30代に成功の可能性大!!

インターネット展開のネットワークビジネスは、
学歴や才能、資格に関係なく、20代・30代に成功の可能性大の方法です。

従来のネットワークビジネス(クチコミ集客)は、
人生経験が長く人脈が広い方が成功しやすいと言われてきました。

でも、インターネットが普及した今は違います!

『普通にネットが使える』
そんな20代・30代に成功の可能性大!!!

それが、インターネット展開のネットワークビジネスです!


経験や知識の浅い20代・30代を狙った詐欺が続出しています。

詐欺に注意!
安全なネットワークビジネスの見分け方

資料請求


『誘わない!売らない!買い込まない!』ネットワークビジネス

MLM悩んでいませんか

負担があると、続きません!

ネットワークビジネス=友達なくす、ストレス、負担
そんな時代はおしまいです!!
これからは、ネットワークビジネス=インターネット



インターネットで展開するネットワークビジネスは、
熱い思い行動があれば

  • 1年後・・・お小遣い程度の収入を得る
  • 3年後・・・食べていけるだけの収入を得る
  • 5年後・・・仕事を続けるか、辞めるか自由に選択できるだけの収入を得る
  • 10年後・・あなたの理想の人生を歩む

これまで組織を大きく出来ずに悩んでいたあなたにも、大きな可能性があります!!

今の仕事は続けたまま
1日1~2時間の時間がとれればOK!

長年の実績と経験をもとにしたマニュアル、
画面共有をして行うマンツーマンサポートがあるので、
PC初心者、ネットワークビジネス初心者の方も安心してご参加いただけます!


資料請求

20代・30代女性に、なんで、
そんなにネットワークビジネスをすすめるんですか?
矢印 TOPページをご覧ください。


あなたが思い描くワクワクした未来、いつまでに手に入れたいですか?

【1年で】月収100万円を得るようなクチコミ展開と比べて、
インターネット展開は、収入が上がるペースはゆっくりですが、
根気よく続けることで、確実に組織は大きくなります!

誘えないあなたでも、
毎日1〜2時間パソコンに向かいコツコツ努力することで
月収7桁、8桁が可能な世界です。



10年後のあなたをつくるのは、今のあなたです。

決断した瞬間から、人生は変わります。


資料請求





2018年 ネットワークビジネス売上ランキング
(1位~50位)

順位会社名売上高
(百万円)
前年比
(%)
1日本アムウェイ100,4711,6
2三基商事60,000
3フォーデイズ42,9498,1
4ニュースキンジャパン31,000
5ノエビア28,0643.5
6アシュラン23,000
7フォーエバーリビング20,5805,0
8ベルセレージュ19,000
9シャルレ18,068▲4,1
10モリンダジャパン17,000
11モデーアジャパン16,000
12ナチュラリープラス12,500▲24.0
13日本シャクリー10,441▲6,6
14高陽社9,000
15タッパーウェアブランズ・ジャパン8,000
15シャンデール8,000
17赤塚 7,800
18グラントイーワンズ7,200
19イオン化粧品6,700
20アイビー化粧品6,66429,1
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,300
23セプテムプロダクツ6,200▲9,0
24ネイチャーケア・ジャパン5,500
24アライヴン5,5000.0
26ニナファームジャポン5,2504.0
27ザ マイラ5,0300.0
28ドテラ・ジャパン5,01610.0
29サミットインターナショナル5,000
29サンクスアイ5,00080,8
31TIENS(ティエンズ)4,800
32YOSA(バイオクイーン)4,7490.1
33シナリー4,600
34ライフバンテージジャパン4,3001.3
35ピュアクリスタル4,0000.0
35ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
37ペレ・グレイス3,6500,5
38KZ1ジャパン(エクスフューズ)3,4450.0
39グリーンプラネット3,4000.0
40マナビス化粧品3,200▲2,5
41スリーピース2,730127.5
42三和 株式会社2,500▲16.7
43シナジーワールドワイド・ジャパン2,4279,0
44アミン2,400
45サンテクレアール2,300
46ケイエスビー2,2500.0
47ベガ(VEGA)2,171▲0,2
48ジュネスグローバル2,1005,0
49イオスコーポレーション2,0373,8
50ハッピーファミリー2,000
50アイスター商事2,000
50マナテックジャパン2,00010,0
50カイアニジャパン2,000

(2018年 3月号 月刊ネットワークビジネスより)


資料請求