ゴローズプロフィール

ゴローズサイト訪問頂きありがとうございます

サイト運営者のゴローです。

今このページを訪問してくださっている方はSNSのリンクからかもしれません、または検索エンジンからかもしれません。

ゴローズサイトの別ページからかもしれません。

ゴローはどんな人生を送ってきて、どんな人なのか、お伝えできればと思います。このページでは個人の基本情報とショートストーリー、連載物語の構成でゴローを知って頂けたらと思います。


プロフィール 基本情報

【氏名】ゴロー(ネットネーム)

【身長・体重・血液型】166cm/64㎏/O型

【年齢】40代後半

【職業】会社員

【趣味】無計画ドライブ・街散歩

スーパー銭湯でサウナと湯舟につかる事

【座右の銘】信用はお金で買えない。

【好きな映画】ワイルドスピードシリーズ・TopGun

【性格】基本素直であるが、自分自身で納得しないと行動しない面もあり頑固な一面もあります。

【家族構成】自分と両親3人家族 バツイチ子供なし

😀個人年表😀

●23歳:大学卒業し関西に本社がある大手飲食関連会社に就職 

学生時代飲食店で4年間アルバイトしていてそのころ独立して店を持ちたい夢があり、飲食店で修業するために就職しました。

●28歳:英語関連の仕事をしたいと考え関西に本社がある英会話スクールに転職

なんで転職したの?はゴローのつぶやきで詳細掲載します。

●31歳:英会話スクール業績不振により倒産

倒産の経験で感じた事やなぜ倒産したのか?詳細はゴローのつぶやきで詳細掲載します。

●32歳:携帯販売代理店に就職(派遣社員から正社員になったため)

●37歳:個人事業主で中古車販売立ち上げる(無店舗・無在庫販売方式)

●46歳:同業他社の社長にお願いされて一旦個人事業主をやめて同業他社で社員になる。在職中


2017年・どん底ボロボロのゴローが再起動するきっかけはメンターとの出会い

元妻とドロドロの愛憎劇を繰り広げなんとか離婚したのだが、さらに真っ逆さまに落ちてく人生・・信頼していた友人に裏切られどん底ボロボロの人生を送る日々。信頼していた友人とは、年齢がゴローと同じでシングルママ、元妻と仕事の同僚で元妻の件など相談に乗ってくれていた女性。その女性から相談を受け、親戚を呼ぶから、銀行の残高証明書を出さないと呼べないから見せ金を貸してほしい。

見せ金とは一旦残高証明書発行するまで、証明書発行する口座に入金させて、発行後引き出し借主に返すことです。

2~3日でお金は戻るから問題ないと考え120万円見せ金で貸しました。皆さん残高証明書がないと外国に滞在している親戚など呼べないのか?と思いますよね。なぜならば、日本に滞在期間中は招へいする人が滞在中の費用負担と保証人になるのです。要は費用負担がないと呼べないわけです。

残高証明書発行して、お金が帰ってこない。連絡も取れなくなり、逃げられました。

この時の気持ちを文章にしたいのですが、上手くまとまらず表現が難しい。色々な思いが交差し、怒り・悲しみ・自分自身の情けなさ・などの思いがこみ上げてきます。馬鹿だよな!見抜けなかった自分。人を信頼できなくなった。孤独を感じた。

この頃は人に対して威嚇し攻撃的で、相手が誰であろうと精神的に追い込みをかけて、自分を守る事しかできなかった。

人と関わりたくない、誰も信頼しない。いつか裏切るのが人間。そう思って毎日過ごした。

裏切られお金をとらただけならここまで荒れなかっただろう、元妻とドロドロ愛憎劇の後裏切りで、様々な事が重なり荒れたのだと思う

月日がたち今振り返れば、この時起きた事は、神様がくれたプレゼントだと思える。なぜならばゴローに試練を与えてくれたのです。

辛い事、しくじりを経験するからこそ、人は成長し、幸せや喜びを感じることができると思う。もしどん底ボロボロの試練がなかったら今の自分は本当の幸せ、人と関わり信頼や良好な関係を築く事の喜びに気づかず人生を送っていたかもしれない。

このままでは終わらない!昔思い描いた夢を実現したい!そんな気持ちから何とかどん底ボロボロのから立ち上がり再起動のキッカケが欲しいと考え、色々思案していた。

昔思い描いた夢・・・時間に縛られず仕事して自由な生活を手に入れる事。

現在理想的なMLM主催会社リサーチ中です


❤️アンナに恋をして連載物語❤️

土屋アンナ似の娘に恋をする。

2020年から遡る事約10年前中古車販売で独立したゴローだが、当面の生活資金確保のため時間の融通が利くバイトを探していた。

たまたま知り合いの紹介で夜のお店の送迎ドライバー募集があると聞き応募。即採用になった。なぜなら持込車両があったから😆

そのお店は日本人の店ではなく外国人のお店でした。通常送りドライバーは閉店後の送り又は早引きの娘の送りが常識でしたが、

そこの店は交通アクセスが悪く出勤前の迎え+閉店後の送りというスタイル。

送迎のバイトに慣れてきた頃土屋アンナ似の娘を目撃し、一目惚れ。しかしながら、ドライバーとお店のキャスト色恋禁止なので、

遠くから眺める状態でしたが、毎日顔を見ていると少しでも近づきたい!話したい!の気持ちが強くなり作戦を立てることに!

その作戦とは?

  • まず店のスタッフと仲良くなり、その娘の情報を探る。
  • 店のスタッフと仲良くなったら、色恋禁止の抜け道方法に関して探りを入れる。
  • その娘は、自分の送りの担当ではないが、送りの娘に色々情報を聞き出す。

この作戦を遂行しようとした矢先に店側から店のスタッフもやってくれないか?と打診があり快く承諾。

こうしてスタッフ+送りドライバーとしてスタートするのであった。


😁この後の展開が気になりますよね?
この後の展開は連載物語として別ページで展開します!😁

❤️アンナに恋をして連載物語❤️画像クリック!連載ページに飛びます